「kabuoon」

リンク

無料ブログはココログ

« 「賢い融資の引き出し方Vo.4」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方Vo.6事業主の場合」 »

2007年10月 5日 (金)

「賢い融資の引き出し方Vo.5」

人気blogランキングへ  ←クリックよろしく!

※メルマガの内容を転載しています!

 登録は、こちらのメールアドレスに空メールを送るだけでもできます!
 p+282@prjapanmail.jp



◎今日のテーマ 「賢い融資の引き出し方Vo.5」

バックナンバーはこちら⇒http://blog.mag2.com/m/log/0000190623/

不動産投資は事業として見られます。

住宅ローンは100%借金なのに対して、不動産投資は事業として
お金を生み出すものです。

なので、銀行もその事業性を重視してお金を貸します。

まずは、物件の担保価値。

土地や建物の評価証明などから物件の担保としての価値を見ます。

そして、物件の家賃収入も大事な基準になります。

では、銀行はどういう基準で収益性を見ているのでしょうか?

まずは、金利です。

優遇金利や、変動金利がありますが、今後の金利の上下を考慮した金利で
計算します。

過去のデータから、某都市銀行は金利を4%で計算しています。
家賃収入は、堅く見て入居率80%で計算します。

ここからローンの返済比率を出して、年収によって融資枠の上限が決まります。

住宅ローンがある場合は、その返済額もプラスされてしまいますので
融資が不利になるわけです。

なので、住宅ローンは年収でその融資枠が決まってしまいますが
不動産投資の場合は、物件の担保価値と収益性で融資枠も変わってきます。

もちろん、収入が多い方が体力があるわけですから有利にはなります。

また、都市銀行よりもノンバンク系の銀行の方が審査基準は甘いですので
お金は借りやすくなります。金利は都市銀行よりも高めに設定されています。


次回は、事業主の方の場合をお話しします。

人気blogランキングへ  ←クリックよろしく!

※メルマガの内容を転載しています!

 登録は、こちらのメールアドレスに空メールを送るだけでもできます!
 p+282@prjapanmail.jp

         ___________________

☆無料コンサルティング実施中!

不動産投資について相談したい。物件を探している。
不動産による節税、相続について知りたい。
コンサルティング、ご相談を無料で行っています。

メールはこちらまで!⇒thada@recrm.co.jp(@を小文字に直してください)

「コンサルティング希望」と件名に書いて、メールをお送りください。

首都圏の方は面談も可能です!遠方の方、時間があまり取れない方はメールでの
相談も可能です。
羽田プロフィール、詳細はこちらをご覧下さい。
http://c.prjapanmail.jp/?d=p&c=c&p=iLCLbcbc&m=6&n=120&u=65311

まだ、こちらのレポートを読んでない方は是非ご覧下さい。

「収益不動産投資を成功させる17の極意~退職後でも年収分以上の収入!」
http://www.sugowaza.jp/reports/get/4951/4052/

※自社物件のみを扱っていますので、コンサルティング料、
 仲介手数料は一切かかりません。

メルマガの質問や感想なども気軽にメールをしてください!

◎こんな方!ご連絡ください

・自己資金500万円以内で、リスクを抑えた不動産投資を考えているサラリーマンの方

・事業主の方で、将来を考え事業所得以外の収入を不動産で作りたい方

・相続対策で不動産として資産を持って相続税の軽減を考えている方

・今行っている不動産投資の方向性が正しいのか相談したい方

« 「賢い融資の引き出し方Vo.4」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方Vo.6事業主の場合」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55270/8249908

この記事へのトラックバック一覧です: 「賢い融資の引き出し方Vo.5」:

« 「賢い融資の引き出し方Vo.4」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方Vo.6事業主の場合」 »