「kabuoon」

リンク

無料ブログはココログ

« 「営業マンも味方に付ける!Vo.3」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方」 »

2007年7月19日 (木)

「地震リスクについて」

人気blogランキングへ  ←クリックよろしく!
http://www.kabuoon.com/ 僕が柴田涼という名前でコラム書いている投資サイトです。

※メルマガの内容を転載しています!

 登録は、こちらのメールアドレスに空メールを送るだけでもできます!
 p+282@prjapanmail.jp

◎今日のテーマ 「地震リスクについて」

投資用不動産とは関係ないのですが、まずは皆さんの命が大切です。

東京都で行っている耐震診断補助制度のHPです。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/taisinsindan/taisinsindan_tokyo.htm

市町村によって補助の範囲などが変わりますので

参考にして下さい。

又、「耐震診断補助」 「あなたの自治体名」で検索すれば

補助の内容がわかるHPがでてくると思います。

一度チェックしてみてください。

国土交通省住宅局が監修している自分でチェックできる

耐震診断のHPです。

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html

東京都の相談窓口はこちら

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/taisin/kn_t04.htm

各都道府県のHPにも防災のページなどに相談窓口などがあると思います。

耐震補強工事も何も知らずに業者に依頼すると

法外な値段を請求されることもあるようですから、

公共の機関で相談すると良いでしょう。

現在お持ちの投資用不動産も、築年数が古いものは

耐震診断を受けておいた方がいいでしょう。

不動産というと、必ず地震のリスクが付いて回ります。

お客さんにも、「地震が来たらどうするの?」と言われます。

まず、一つの基準としては、新耐震基準以前か以後かで判断します。

1981年に建築基準法の改正によりできた新しい耐震基準です。

阪神大震災や中越地震でも新耐震基準で建てられた建物は

倒壊など大きな被害はありませんでした。

勿論、東京の建物の多くが倒壊するような大地震が来た時には

金融も完全に麻痺するでしょうから、株やファンド等の金融商品は

大きく下落する可能性もあります。

不動産そのものは被害があれば補修の費用等必要になってきますが

土地の価値が半分になるなんてことはありません。

そういう意味でも、建物の構造がしっかりしていれば、他の金融資産より

安全とも言えるのです。

そして、今、不動産によるリスク分散も注目を集めています。

次回は、不動産でどのようにリスク分散をするのかをお伝えします!

人気blogランキングへ  ←クリックよろしく!
http://www.kabuoon.com/ 僕が柴田涼という名前でコラム書いている投資サイトです。

※メルマガの内容を転載しています!

 登録は、こちらのメールアドレスに空メールを送るだけでもできます!
 p+282@prjapanmail.jp

« 「営業マンも味方に付ける!Vo.3」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55270/7197883

この記事へのトラックバック一覧です: 「地震リスクについて」:

» 不動産投資 リスク [不動産投資の口コミ情報]
不動産投資についての情報を掲載しているブログです。是非参考にしてみて下さい。不動産証券化協会、不動産への投資を拡大!一般機関投資家では、回答先の94%が不動産投資を行っているという結果になった。 不動産投資をする目的では、年金が「ポートフォリオのリスク分散」を挙げ、一般機関投資家では、「収益率の向上」を重視する結果となった。 [2007年7月10日](続きを読む) ラットレースからぬけだせ!誰でも勝てるゼロリスクトレード!ラットレースからぬけだせ!誰でも勝てるゼロリスクトレード! 投資情報参考ブロ... [続きを読む]

« 「営業マンも味方に付ける!Vo.3」 | トップページ | 「賢い融資の引き出し方」 »