「kabuoon」

リンク

無料ブログはココログ

« 「競合物件を調べよう!」 | トップページ | 「業者を見方に付ける!Vo.2」 »

2007年5月31日 (木)

「業者を見方に付ける!」

人気blogランキングへ  ←クリックよろしく!
http://www.kabuoon.com/ 僕が柴田涼という名前でコラム書いている投資サイトです。

※メルマガの内容を転載しています!

 登録は、こちらのメールアドレスに空メールを送るだけでもできます!
 p+282@prjapanmail.jp

◎今日のテーマ 「業者を見方に付ける!」

前回のおさらいはこちら!
バックナンバー⇒http://blog.mag2.com/m/log/0000190623/

前回は、競合物件に負けないように手を加えたり、

家賃設定を考えるというお話をしました。

今日は、ちょっと不動産業界の泥臭い、嫌なお話になるかもしれません。

賃借人を付けるのに大切なのは、物件そのものの競争力だけではありません。

いい物件も、多くの媒体や不動産屋で紹介されないと誰も見てくれません。

管理をお願いしている不動産屋が、賃借人を付ける能力があるか無いかも

大きく左右します。

通常、仲介手数料として家賃の1か月分を管理している不動産屋が貰いますが

それは、その不動産屋が賃借人を直接付けた場合です。

しかし、現実的には、ネットに掲載したり、物件の近くにある他の業者さんを

回ったりして、他の業者さんに賃借人を付けて貰うことが多いです。

ただし、ここが嫌らしい話しですが、他の業者も、自社の物件の方が手数料を

丸々貰えるので、自社物件を優先します。

そうすると、物件情報が渡っていても紹介してくれないこともあるのです。

そこで、他社に紹介をお願いする時に、成約したら広告費を1ヶ月支払う

という条件をつけます。

そうすると、他の業者も積極的に物件を紹介してくれます。

手数料が少ない物件と、多い物件ならどちらを優先させるか?

残念ながら、広告費を払うだけで動きが全然違います。

2月~3月の引越しシーズンならば、需要が多いので必要が無いかもしれませんが

オフシーズンは動きが少ないので、特にその傾向があります。

そして、その広告費はオーナー様負担となりますから、礼金を広告費に充てるのが

通常でしょう。

これはオーナー様判断なのですが、ここで広告費をケチるか払うかで悩む所です。

しかし、広告費をケチって半年空くならば、広告費を払って早く付く方が得になります。

ここは、賃借人を付けるために、業者を上手く見方に付ける必要があるでしょう。

他にも、仕事に追われて忙しいと、担当者が後回しにしたり、忘れていたり

なんて事もあります。

やはり、人がやっていることですから、担当者とはマメに連絡を取っている方が

動きが違うでしょうね。

担当者も良くコミュニケーションが取れているオーナー様の物件は、なんとしても

賃借人を付けよう!という気分になりますし、上手く担当者も動かさないとダメです。

そこで、相手の動きや働きが悪いと、賃借人が付くチャンスを逃しますから

できない担当者や、業者は、早目に切った方がいいでしょう。

ちょっと、今日は不動産屋の裏事情で、嫌らしい話しでしたが、

これが現実です。

物件の賃貸ニーズを上げることも大切ですが、業者もしっかり見方に付ける!

これは忘れないで下さい。

そして、信頼できる不動産屋に管理や賃貸募集も任せるのが大切です。

« 「競合物件を調べよう!」 | トップページ | 「業者を見方に付ける!Vo.2」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55270/6617555

この記事へのトラックバック一覧です: 「業者を見方に付ける!」:

» ランサーテクノロジーLANCER TECHNOLOGY.,LTD [ランサーテクノロジーLANCER TECHNOLOGY.,LTD]
ランサーテクノロジーLANCER TECHNOLOGY.,LTD [続きを読む]

» レジェンドウィン legendwin [レジェンドウィン legendwin ]
レジェンドウィン legendwin [続きを読む]

« 「競合物件を調べよう!」 | トップページ | 「業者を見方に付ける!Vo.2」 »